13日 6月 2024
久しぶりに外で倒立歩行してみました。 3年前は左のような歩行器を作って歩行感覚を養いました。 2年前は前後左右どちらに進むか分からず背中から落ちることもありました。 去年くらいから少しずつ前に進むようになって転倒もあまりしなくなりました。 そして今ではコンクリートの上でも7mくらい進めるようになりました。 以前からの目標10mまでもう一息です。...
10日 6月 2024
4枚の写真の動きをするのは右上の状態で腰を高く上げることを目指しているからです。肩よりもずっと高い位置に持ってくることができなければ倒立に移行することができません。何度も練習して腰を高くできるようにがんばります。
30日 5月 2024
この体勢から片脚で立ち上がるのをピストルスクワットと言います。 膝が痛い方にはおすすめしませんが、元気な方は挑戦してみてください。 私は老化防止のために交互に10~20回 × 2セットを週に1度やっています。 これは難し過ぎるという方のために、できるようになる練習方法をいくつかインスタにアップしましたのでご覧ください。
17日 5月 2024
先月ホタルからカラスへの移行を紹介しましたが、今回はホタルからカラス、ローラーサナ(タックプランシェ)を通って足を前に伸ばしLシットまでやってみました。あまり見ないトランジッション(移行)ですが床でやるのが難しいからかもしれません。倒立バーを使えば少しやりやすくなります。 おなかとももを引き寄せる力を養ういいトレーニングになります。
09日 5月 2024
どうすれば伸肘倒立で足が浮きやすくなるのか、を解説します。 写真左のような体勢になるのですが、その時 1 息を吐きながらおなかと太ももをできるだけ近づける 2 吐き切ったら下腹部を締める 3 胸は含んで(肩甲骨を広げて)かかとに体重を乗せる 4 目線は脚の間から後ろの壁 写真右のように足を浮かせるには 1 下腹部は締めたまま息を吸い、...
06日 5月 2024
壁を使ったタック倒立から脚を床に着けないようにV-シットに持っていく練習です。どの高さでも止められるくらいに強くなればジャンプスルーやジャンプインも楽にできるようになると思います。
26日 4月 2024
蹴らないで脚を挙げる伸肘倒立をするときの目線について考えてみました。 挙げ始めは肩を少し前に出す必要があるので青いマーカーを見ます。 脚が水平まで上がったら、肩を手首の上に戻したいので赤マーカーを見ます。 前屈の柔軟性が高い人は青マーカーの位置がもう少し手前になります。...
19日 4月 2024
軽く蹴って浮き腰に入る練習をしているところです。最初は低く跳んですぐに浮き腰、そこから少しずつ高く跳んでいきます。最終的には写真のようにほぼ倒立状態になってからゆっくりと浮き腰に降ろします。 ジャンプインやジャンプスルーで必要な腕で支える力を養うことができます。
12日 4月 2024
上の画像がホタルのポーズでそこから足を浮かせたまま下のカラスのポーズに移行する練習をしているところです。 ホタルのポーズは膝の内側で上腕を挟むのですが、この頃練習している浮き腰と形がよく似ています。浮き腰は脚を浮かせないといけないのですが、ホタルは腕との摩擦力を使えるので少し楽です。...
07日 4月 2024
先日、倒立から足を着かずに開脚前挙に下ろすことに成功しました。 今までできなかったことができるようになってむちゃくちゃうれしいです。 ですが最終目的の「浮き腰伸肘倒立」はこれを逆再生しなければなりません。 そんなこと60を超えた素人にできるのか!? 可能性はゼロではないと思います。 できたらすごいですよね!  できることを夢見て練習します。

さらに表示する