24日 2月 2024
先週に引き続きつま先を手の高さまで上げる練習、その2です。 今回は45°傾斜板を向かい合わせにした「伸肘倒立養成装置」を使っています。これを使うと内ももを締める力を使って足を上昇させる力に変えることができるので比較的挙げやすくなります。 一番上まで引き上げてそこから伸肘倒立ができるように練習しています。
17日 2月 2024
テーブルや箱に手を着いて足を引き上げる動きの練習です。足が宙に浮いた状態ではあと20㎝がどうしても上がらないので写真のように45°の板を使って足を引きずり上げます。 この練習を繰り返して腰を吊り上げる感覚を身につける作戦です。
16日 2月 2024
テーブルに手を着いて足をどれだけ上げられるかやってみました。 1年半前にやったときは膝と足首の中間くらいでしたが、今回は足首に近くなりました。つま先が手の高さまで上げられたらそこから伸肘倒立に入ることが可能になるはずなのでがんばっています。
06日 2月 2024
開脚の伸肘倒立が安定して上がるようになってきたので、脚を曲げた伸肘倒立をやってみました。以前はこの体勢を保つことができなかったのですが、5秒くらいはキープできるようになりました。 この体勢がキープできればそこから倒立に上げるのはそんなに難しくありません。開脚伸肘倒立よりもやさしいという方も多いです。
29日 1月 2024
伸肘倒立の練習ではこれまで足をブロックなどで高くしてやってきましたが、この頃ようやく安定して床から上げられるようになってきました。そこで今度は足を低い所からでも上げられるように、手を高くして練習し始めました。3cm、4cm、5cm、はなんとか上がるようになりました。 この練習をした後で手を床に置いてやると驚くほど楽に上がります。...
18日 1月 2024
 全国でワークショップを開いておられるカリスマヨガインストラクターの相島虹季先生のYouTubeで、私が作った「伸肘倒立養成装置」が紹介されました。  足を内側に絞ることで上に向かう力が生じるので伸肘倒立の上がり始めの動作を補助してくれます。...
10日 1月 2024
この体勢でアゴを着けるとチンスタンドになりますが、今回はアゴも浮かせてみました。上腕三頭筋の力が必要になりますが、アップドッグから前方へ転がる力をうまく使えばこのように体を持ち上げることができます。
29日 12月 2023
令和5年もあと2日となりました。今年中に達成したい目標が10ほどありましたが、来年に継続となるものが多くなってしまいました。 その中の一つが写真の片手マユラーサナ5秒静止です。ご覧の通り片手の手首に全体重がかかるので負担が大きく傷めてしまい、ここ2か月ほど練習できませんでした。...
19日 12月 2023
足を蹴り上げないでフワッと浮かせる伸肘倒立をするのに、足のスタート位置を高くするとそれだけ浮かせやすくなります。 その浮かせやすさの感覚を%表示してみました。 1㎝高くすると1%挙げやすくなります。 50㎝高くすると50%挙げやすくなります。
10日 12月 2023
片脚スクワットの中でも片脚を前にまっすぐ伸ばす「ピストルスクワット」は苦手な方も多いと思います。写真のように棒を持って前に出すとしゃがんだときに後ろに転ぶ可能性が減ります。また足を高くすると前屈の柔軟性が足りなくても伸ばす足を床に着けることなくできます。...

さらに表示する